HOME >

占い師インタビュー:濱口善幸

占い師に聞いてみた!『濱口善幸』のオーラ鑑定・タロット占い心理学よゐこ濱口も認める実力!濱口善幸氏の占いの魅力に迫る


聞き手:占者うえけん

各種メディア出演や講演会の開催など、関西を中心に活躍中の占い師・濱口善幸氏に、タロットやオーラ鑑定、運気を上げる秘訣について聞いてみた。聞き手は、占うよりも占ってもらうことにハマっているという占者うえけん。

うえけん:それでは、よろしくお願いします。

濱口:よろしくお願いします。

うえけん:濱口さんのブログやコラム等を読んでいますと、ちらっとスピリチュアル的なことが書かれていたりしますよね。

濱口:これからは少しずつお話していきたいと思っています。

うえけん:そうなんですね。濱口さんのスピリチュアルな能力について、個人的に興味津々なんですが、お伺いしてもいいですか?

濱口善幸:関西を中心に活動するプロタロット占い師。よゐこ濱口の実弟。

濱口:大丈夫ですよ。
もともと、相手の心が読める力って、読心術みたいなものを自然にやっているのかな? と思っていて、そういうこともあって心理学を調べていったというのも原点でもあります。表情を分析して性格や感情を読み取るとか、そういうのがあるんだっていろいろわかってきたんですけど、じゃあ、それだけを使って僕が同じようなことができるかというと、誰もできなかったので「あ、これは特別なスピリチュアル的なものだったんだ」と、今は自分の中で解釈できています。

読心術というものを学んでよかったと思うのは「ニセモノ」がそれで識別できるんですね。心理学の世界では、コールドリーディングってやり方を占い師は使っているんだっていわれるんですけど、確かに使っている人もいて、それってあからさまにわかりやすい質問を最初にするんです。たとえば、あなたは白と黒のどちらの色がすきですか?っていう心理的な質問をしていくだけで、どんな性格なのかがだんだんわかってくるんですね。

うえけん:それですと、やり手の営業マンはみんな占い師になれてしまいますよね。

濱口:そうです。全然なれますね。

うえけん:姓名鑑定士。著書に「なまえだけ占い」(講談社)など。静岡県出身。

うえけん:ところで、濱口さんの「心が自然に読める能力」は、占いをしているうちに覚醒していったものですか?

濱口:いえ、実は子供のころからなんです。

うえけん:お兄さんはそれを知っていますか?

濱口:いいえ、知らないです。
ちいさいころは、それで母親やおばあちゃんにはいろいろ迷惑かけましたね。どうすればおもちゃを買ってもらえるのか、要求が通るのかわかるので、何でも思い通りに手に入りました。母には「あんたには昔、ホンマようやられたわ」って言われましたね(笑)
でも、こういうことに使いすぎると、いずれ必ずばちが当たることがわかったので、今では気をつけています。


本格タロットを無料でお試し!>>

→ 次ページ オーラ鑑定の話題へ!

1 2 3 4 5 6 7